Career Closet

ファッション業界の転職エージェント比較

コラム

アパレル業界への転職。未経験で内定を勝ち取るコツとは

更新日:

アパレル業界へ転職しようと考えている人はたくさんいると思います。

一見華やかに見えるアパレル業界の仕事ですが、実際には検品などの在庫管理やクレーム対応など、地味な仕事やつらい仕事がほとんど。センスも問われますし、体力も使います。

実際のところ未経験の場合は、何歳までなら働くことができるのでしょうか?
また、未経験でも働ける職種には、どのようなものがあるのでしょう?

この記事では、未経験でアパレル業界へ転職する際の理想的な年齢や、おすすめの職種・志望動機の書き方などを紹介します。

未経験の場合、販売職からはじめるのが一般的

結論から言うと、未経験でアパレル業界へ転職したい場合は、販売職からはじめるのが一般的です。
いわゆるショップ店員ですね。

現在本社で企画職やプレス、生産管理などのポジションで働いている人も、販売職からスタートした人がほとんどです。

アパレル業界では、服の着こなし提案力コミュニケーション力などが必須となるため、それらを養うためにも販売職の経験は必要。
ブランドを陰で支える本社職を目指していたとしても、未経験で応募するよりも販売職の経験があった方が有利な場合が多いです。
そのため、まず少なくても3年程度は販売職として店頭に立って、店舗運営や接客を一から学ぶことをおすすめします。

販売職は求人も多く、比較的未経験でも採用されやすいです。

30代でもOK?何歳まで転職できる?

30代女性のイメージ

アパレル業界に限らず未経験の転職は、育成する観点から考えて、なるべく20代のうちに転職した方が良いでしょう。

アパレル業界の場合は、特にブランドによってこの年齢の線引きが顕著な傾向にあります。
例えば10代~20代をターゲットにしているブランドへは、未経験なら30代で入社するのは相当難しいです。

このように30代でアパレル業界へ転職したい場合は、応募先の扱っている商材ターゲット層も重要なポイントになります。

さらに前職で活かせる経験がないか、しっかりキャリアの棚卸企業研究を行い、アピールポイントを見極めて臨みましょう。

5W1Hでキャリアの棚卸をする方法

また、最初から正社員ではなく、紹介予定派遣を利用してみるのもひとつの手。
正社員で応募するよりも、採用のハードルはぐっと下がりますし、3カ月~6カ月程度の試用期間を経れば正社員として働くことも可能です。

未経験の場合、販売職以外で転職するのは難しい?

未経験であっても、アパレル業界の花形職種であるプレス企画の仕事に携わりたいと思っている人は多いと思います。
また、最近では裏方の仕事である生産管理の仕事にも興味を持っている人も多いようです。

これらの職種は、アパレル未経験者の募集はほぼありません。

その場合は、販売職として数年頑張って社内公募でそのポジションを目指すか、アシスタントポジションを募集している求人を根気よく探すことをおすすめします。

アパレル業界未経験の場合の志望動機の書き方

アパレル業界へ未経験で転職する場合、今までの職歴はアピール材料にならないことがほとんど。

経験者以上に志望動機自己PRが重要な役割を担います。

ここでは、元人事担当の管理人が採用者目線から、未経験者が志望動機と自己PRを書くときに必ず盛り込みたいポイントを紹介します。

  1. そのブランドが好きなこと(具体的に)
  2. 今までの経歴で活かせること
  3. これから努力していくこと

未経験での転職の場合、一番大切なことはその仕事への意欲です。

残念ながら即戦力としてみなされることはないため、やる気があることを全面にアピールしてマイナス面を埋めましょう!

職務経歴書 基本の書き方とコツ

そのブランドが好きなことを具体的に書く

当たり前ですが、そのブランドが好きだと言う熱意を伝えることはとても大切です。

しかし、ただ「貴社のブランドのファンです!」と書いてもNG。

より具体的に、「どのような点が好きなのか」「こんなことをされて嬉しかったのか」などを盛り込むと良いでしょう。
さらに応募職種に沿った内容が盛り込まれていると理想的。

販売職なら「どんな接客を受けたのか」「店舗のディスプレイのこんなところが良かった」などですね。

特に思いつかない場合は、何店舗かそのブランドのショップを回って、実際に接客されてみることをおすすめします。

今までの経歴で活かせることは最大現アピール

今までの経歴でアピールできるポイントは最大現アピールしていきましょう。
エピソードを添えて書かれていると、受け手もイメージしやすいのでおすすめです。

異業種でもアピールしやすいポイントは、以下の3つが多いと思います。

  • コミュニケーション能力は高いか
  • 学ぶ意欲はあるか
  • 目標達成意欲は高いか

あなたの今までの職歴で、これらをアピールできるエピソードはありますか?

  • チーム内の意識を合わせるために週1回の進捗ミーティングを提案し、実行した。
  • あたらしい部署に配属された時も、教えてもらった内容をノートにまとめ、ミスをしない工夫をした。

上記はあくまでも一例ですが、キャリアの棚卸をすることで、今までのキャリアと新しいキャリアの接点が見つかり、アピールポイントが見えてくると思います。

これから努力してくことをアピール

先ほども書きましたが、未経験者は即戦力だと思われることはほぼありません。

その中でもあなたを採用したい。と思わせるには「短期間で戦力になれそうか」をアピールすることも重要です。

アピールするためには、今現在どのようなことを勉強していて、今後どんな風になりたいのか。を、具体的に書くことがおすすめ。
別に難しく考える必要はありません。

  • トレンドを知るために、毎月ファッション誌を▲冊以上読んでいる
  • 接客技術を学ぶために、休みの日には▲店舗以上お店を回っている

など、具体的な行動が書かれていると、採用担当者にも学ぶ意欲が伝わりやすいと思います。

未経験でも内定を勝ち取るために

未経験でのアパレル転職を成功させるポイントは、働く意欲を伝えることです。

どこの業界も同じですが、転職者には即戦力を期待する企業はとても多いです。
未経験の場合は、即戦力とは判断されませんから、そのマイナスを補うために、とにかく仕事に対する意欲を伝えることが一番!

また、育成の観点から人柄なども重視されます。
特に年齢が30代の場合は、上司や教育担当者が年下となる可能性があるため、指導を受ける素直さを持ち合わせているか。なども重要な採用基準となるでしょう。

未経験の転職はプロの力を借りよう

未経験でのアパレル転職では、書類選考すら通るか難しいため、経験者以上にクオリティの高い応募書類を作成することが重要です。
中でも、志望動機と自己PRは大事なポイント。

そのため、転職エージェントなどのプロの力を借りて、転職活動を行いましょう。
中でもアパレル業界に特化した、特化型転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントでは、アパレルの転職に精通したプロに、履歴書・職務経歴書の添削をしてもらえる上、応募時に書類だけではアピールできないあなたの強みを、キャリアアドバイザーからの推薦文としてアピールしてもらうことができます。

転職エージェントは、未経験者ではサービスを受けられない場合もあるのですが、以下の2つは未経験者でも利用できます。
どちらも私自身も利用しましたが、求人数も多く、応募書類の添削もしっかり行ってくれるのでおすすめです。

ファッショーネ

iDA(アイ・ディ・アクセス)

当サイトおすすめ!アパレル転職エージェント

私が実際にアパレル業界の転職時に利用して、「本当によかった!」と感じた転職エージェントはこちら!
この2社は必ず登録しておくことをおすすめします。

アパレル転職業界NO.1:クリーデンス

私が転職に成功した転職エージェントがこちら。
アパレル特化型の転職エージェントとしては、知名度も一番高く、求人数ももっとも多いと言われている転職エージェントです。
キャリアアドバイザーはアパレル業界経験者が多く、業界ならでは悩みにも乗ってもらえる上、履歴書や写真の添削力も◎!
「アパレル業界で転職しよう」と考えたら、真っ先に登録すべき転職エージェントです。

業界最大手!リクルートエージェント

リクルートエージェント

 利用してみて、もっとも転職力が身についたと思った転職エージェントがこちら。

業界NO.1の総合転職エージェント、リクルートエージェントはアパレル業界に特化はしていないものの、履歴書や職務経歴書の添削はピカイチ。
セミナーなども充実しており、特に面接力はこのエージェントを利用したことでぐっと向上したことを実感できました。
他の人と差をつける転職力を身につけるためにも、登録をおすすめする転職エージェントです!

-コラム

Copyright© Career Closet , 2019 AllRights Reserved.