Career Closet

ファッション業界の転職エージェント比較

コラム

アパレル転職はエージェントと直接応募、どちらが有利なのか?

投稿日:

転職エージェントは直接応募に比べ不利になると言われることがあります。

理由は、転職エージェントの方が採用にお金がかかるから

確かに転職エージェントから紹介された人材を採用した場合、企業は転職エージェントへ年収の約30%を支払わなければなりません。
1人あたり100万近いコストがかかることになりますが、その分企業が求める人材を集めることができる利点も。

実際、転職エージェントと直接応募では、どちらで応募した方が有利だと言えるのでしょうか。

この記事では、アパレルブランドの人事担当の管理人が、転職エージェントと直接応募、どちらが転職に適しているかを考えてみました。

転職エージェントと直接応募はどちらが有利なのか

転職エージェントと直接応募、どちらが有利なのか。この問題は転職エージェントを利用する際に誰しも感じる疑問だと思いますが、結論から言うと、企業によって異なると言えます。

転職エージェントの方が、より求める人材に近いキャリアを持った人を集めることができますし、直接応募の方がコストがかからないなど、それぞれ利点があり、企業がコストとクオリティどちらを優先するかによって異なるためです。

採用側から見た転職エージェントと直接応募のメリット・デメリット

どちらが有利なのかを考える際に、採用側から見た転職エージェントと直接応募のメリット・デメリットを考える必要があります。

ここでは、企業目線で転職エージェントと直接応募の違いを項目別にまとめてみました。

項目 転職エージェント 直接応募
採用コスト ×
(年収の30%程度)

(0円)
経験・キャリア 基準を満たしている 未経験者の応募も多数
通知 内定を出すまではエージェント 応募者ひとりひとりへ電話またはメール

転職エージェントは、採用する際に年収の30%程度を支払う必要があり、直接応募・転職サイト掲載などと比べてももっとも高い採用方法です。

しかし転職エージェントの場合は、企業がリクエストした人物像や求めるスキル・経験を満たした人材を紹介してくれるため、より精度の高い人材のみを選考することができ、効率的に採用活動を行うことができます。

対して自社サイト等から直接応募された求人は、誰でも応募できる反面、企業が求めるスキルや経験が不足している方からの応募も多く、選考作業は大変です。

また、採用・不採用の通知も転職エージェントの場合はエージェントへ連絡すれば良いものの、直接応募の場合は、応募者ひとりひとりに電話またはメールで連絡する必要があり、多くのエネルギーを使うと言えます。

コストを抑えるか、より優秀な人材を求めるかは企業の方針によって異なるため、一概に転職エージェントと直接応募どちらが有利かは言い切れないところが大きいです。

転職エージェントにしか求人を出していない場合も

上記のような理由から、企業によっては求人募集をしていても、自社サイトには掲載を行わず、転職エージェントでしか募集を行わないブランドも多いです。

特に大手アパレルやブランドなどの専門職種は、表立って求人募集をかけずに非公開求人として募集することがほとんど。
実際に私が勤めている会社も、アルバイトの販売職などは募集しているものの、専門職種は転職エージェントへ依頼することが多いですし、実際応募した企業も自分が応募している求人が掲載されていないこともありました。

転職エージェントで気をつけたい点

ここまでだと、転職エージェントを利用した方がメリットが大きいように感じますが、ひとつだけ落とし穴があるとすれば、転職エージェント経由・直接応募経由それぞれで応募してきた求職者のスキルが同程度だった場合。

採用側がどちらも採りたいと思った場合は、コストのかからない直接応募の人を選ぶ可能性は高いです

しかし、転職エージェント経由の場合は、対策をしっかりと行った上で面接に臨んでくる方が多く、直接応募の方と均衡すること自体は少ないように思います。

転職エージェント経由の場合、選考が免除になることも

これは利用者側のメリットになりますが、転職エージェントを経由している場合、ある程度キャリアを満たしていればとりあえず書類選考を通すことも多いです。
また、事前に一定条件を満たしてれば面接確約として求人を出していることもあります。

これは転職エージェントとの今後の付き合いなども関係してきますが、優秀な営業マンがいるエージェントほど、このような求人が多いと言えます。

応募手段は経験やスキルで選ぶ

転職エージェントと直接応募、どちらが転職に有利かを考えてきましたが、応募する求人に対して、自分のスキルや経験が足りているかどうかで選ぶことがおすすめです。

もちろん、求人案件自体が非公開求人の場合話は別ですが、自分が応募しようと考えている求人が転職サイトや自社サイトでも募集されている場合は、直接応募することをおすすめします。

しかし転職エージェントを利用することで、確実に求人情報を多く収集できますし、転職スキルも上がります

そのため、未経験であっても転職エージェントは登録した方が良いです。
未経験でも利用できる転職エージェントは多数あり、直接応募ができない非公開求人も多数あるため、自分の希望の転職先を探すためには、まず転職エージェントから求人の紹介を受けて、自社サイトでも同じ求人が出ていないか確認してみることをおすすめします。

転職エージェントの活用方法

 

当サイトおすすめ!アパレル転職エージェント

私が実際にアパレル業界の転職時に利用して、「本当によかった!」と感じた転職エージェントはこちら!
この2社は必ず登録しておくことをおすすめします。

アパレル転職業界NO.1:クリーデンス

私が転職に成功した転職エージェントがこちら。
アパレル特化型の転職エージェントとしては、知名度も一番高く、求人数ももっとも多いと言われている転職エージェントです。
キャリアアドバイザーはアパレル業界経験者が多く、業界ならでは悩みにも乗ってもらえる上、履歴書や写真の添削力も◎!
「アパレル業界で転職しよう」と考えたら、真っ先に登録すべき転職エージェントです。

業界最大手!リクルートエージェント

リクルートエージェント

 利用してみて、もっとも転職力が身についたと思った転職エージェントがこちら。

業界NO.1の総合転職エージェント、リクルートエージェントはアパレル業界に特化はしていないものの、履歴書や職務経歴書の添削はピカイチ。
セミナーなども充実しており、特に面接力はこのエージェントを利用したことでぐっと向上したことを実感できました。
他の人と差をつける転職力を身につけるためにも、登録をおすすめする転職エージェントです!

-コラム

Copyright© Career Closet , 2019 AllRights Reserved.