Career Closet

ファッション業界の転職エージェント比較

職種別に探す

生産管理の求人情報|平均年収や転職に必要なスキルや資格・成功ポイントとは

投稿日:

商品を作るために欠かせない職種のひとつである生産管理のお仕事。

企画から降りてきた商品を生産するために、生地などの資材の発注から工場への生産指示などの生産工程すべてを取り仕切る、商品づくりに必要な職種で、アパレルブランドをはじめ、セレクトショップ、商社、OEM企業まで幅広く働くことのできる職種です。

高いコミュニケーション能力とパターンなどの専門知識を要する職種で、アパレルのものづくりを一から学ぶことができるため、企画職などへのキャリアチェンジもしやすいと言われています。

この記事では、アパレル生産管理の求人の探し方や転職時に気をつけたいポイントをはじめ、平均年収や仕事内容などを紹介します。

生産管理とは

生産管理とは、冒頭でも書いた通り製品を生産するための工程管理を行う仕事です。

部材の発注から、工場への生産指示、スケジュール管理まで生産工程に関する全てを取り仕切ります。
事務職のように思われがちな仕事ですが、社内外の多くの人とやり取りするため高いコミュニケーション能力と、納期通りに仕上げることが当たり前の世界のため、臨機応変な対応力も必要です。

生産管理の仕事内容

具体的な仕事内容は、衣料品や雑貨などを作るために必要な生地や副資材の調達生産計画の作成工場への指示にはじまり品質チェックまで、生産工程全てを担当します。

もちろんコスト管理も重要な仕事のひとつ。
いかにコストを抑えて資材を調達するか、高い調整能力が求められます。

生産管理の仕事内容

  • 生地や副資材の調達
  • 縫製工場とのやり取り
  • 生産工程すべてを取り仕切る
  • コスト管理・交渉
  • 生産背景
  • 効率的な生産計画
  • 海外工場とのやり取り
  • 品質チェック

必要な資格やスキル

生産管理に必要な資格はありませんが、商品は、他部署や工場・生地メーカーなど、多くの人とやり取りしながら作られるため、イレギュラーは日常茶飯事。
予期せぬトラブルが起きた時にも、冷静に対応ができる経験と高いコミュニケーション能力があることが望ましいと言えます。

また、工場は中国をはじめとする海外にある場合が多いため、語学力があると有利。
求人票にも、英語や中国語が話せる方を優遇する文言が多く見受けられます。

資格は繊維製品品質管理士(TES)を取得していると有利な場合も

求人票のなかには、繊維製品品質管理士(TES)を取得している方を優遇する求人も見受けられました。

繊維製品品質管理士(TES)とは、Textiles Evaluation Specialistのことで、繊維製品の品質・性能の向上を図ったり、品質についてのクレームが出ないように、製品の製造や販売を行う企業の中で活躍するスペシャリストのことです。

最近では名刺などにTESを取得していると印字するケースも増えていて、持っていると技術・品質面の安心感を与えることができると言われています。

繊維製品品質管理士(TES)の公式ページへ

生産管理に必要なスキル・資格

  • スケジュール管理能力
  • コミュニケーション力
  • 臨機応変に対応できる能力
  • 語学力
  • 繊維製品品質管理士(TES)

生産管理の平均年収

341.16万円 〜 490.25万円

生産管理の平均年収はアパレル業界の中では、平均程度と言えると思います。
MDやプレスのように決して高くはありませんが、商品生産の一連の流れを把握できることから、他職種へのキャリアアップする人も多いです。

未経験でも働ける?

生産管理は、商品の生産を担う重要なポジションのため、即戦力を求める企業が多いです。

求人票を見てみても、アシスタント職であってもパターンや仕様に関する基礎知識や仕様書の作成経験が必要とのこと。
なかなか未経験で転職するにはハードルが高いように思えますが、プレスなどの花形職種に比べれば、未経験者もチャレンジしやすい職種だと言えます。

実際求人票を探してみると、OEM企業や繊維商社などでは、応募条件はアパレル業界経験がある方と掲げている企業もありました。
こういった求人をじっくり探すことで、未経験者でも生産管理のアシスタントとしてキャリアをスタートさせることができそうです。

もちろん、仕事をする上で、アパレルの知識は必須となるので、転職活動をしながら独学で勉強をしておくことをおすすめします。

生産管理の求人の探し方と転職のポイント

生産管理の求人は、アパレルブランド、セレクトショップ、商社、OEM企業まで幅広く募集があり、求人数は安定しています。

販売職と比べれば少ないですが、比較的転職はしやすい職種だと言えるのではないでしょうか。

生産管理の転職で求められているのは、即戦力高い専門性

特にブランドの場合は、企業のものづくりの特性に合わせた経験・スキルが備わっているかが最低条件だと言えます。
(例:MADE IN JAPANにこだわる企業であれば、国内生産の経験が豊富な方が有利。等)
また、応募先企業と経験アイテムが合致している場合も、有利でしょう。

ポイントは専門性+付加価値

転職にあたっては、先ほど紹介したあると望ましいスキルに加え、専門性と付加価値をアピールすることがポイント。

当たり前ですが、応募先企業がMADE IN JAPANにこだわっていれば、国内生産が得意なことをアピールするべきですし、ニットに定評があるメーカーであれば、ニットの生産に強みのある人が優遇される可能性は高いです。

実際に求人票に書かれていた、あると望ましい専門性は以下の通りです。
あなたはいくつ当てはまるでしょうか?

  • 国内生産が得意な人
  • 海外生産、特に直接貿易経験のある人
  • 国内外どちらも生産管理経験がある人
  • パターンの知識がある人
  • TESの有資格者
  • 品質管理の経験
  • 工場と直接折衝した経験
  • ビジネスレベルの中国語・英語が話せる人

特にOEM企業などの場合は、自社工場や提携工場が中国などのアジア圏にある場合が多いため、中国語や英語がビジネスレベルで話せる人を求めている求人は多く見受けられました。

また、海外工場へ直接生産指示を出すため、折衝経験がある人は優遇される可能性が高いです。

アピール材料となり得るスキル

転職を成功させるためにこれから身につけられるスキルは、語学力を伸ばすことと繊維製品品質管理士(TES)を取得することではないでしょうか。

これらのスキルは、多くの企業が欲しいと思っている人材のため、生産管理の転職時に大きなアピールポイントとなりえます。

生産管理の求人を多く保有している転職サイト

生産管理の求人を効率良く探すのであれば、やはりアパレル業界に特化した転職エージェントを利用することが一番です。

中でも専門職種を豊富に扱っているクリーデンスの登録は必須。
思うように求人が見つからない場合は、ファッショーネも登録して、求人を探してみましょう。

クリーデンス
https://www.crede.co.jp/

ファッショーネ
https://fassione.com/

生産管理の転職を成功させるために

生産管理は、アパレルブランドから商社、OEM企業まで、さまざまな企業で募集をしている、なくてはならない職種です。

どの業界へ転職するかによって、専門性の度合いは変わってきますが、OEM企業などへ転職する際は語学力は必須だと言えます。

これから頑張りたいと思っている未経験の人でも、可能性はゼロではない職種のため、転職エージェントへ登録をしてじっくりと求人情報を収集してみてください。

転職エージェントの活用方法

ファッショーネ

当サイトおすすめ!アパレル転職エージェント

私が実際にアパレル業界の転職時に利用して、「本当によかった!」と感じた転職エージェントはこちら!
この2社は必ず登録しておくことをおすすめします。

アパレル転職業界NO.1:クリーデンス

私が転職に成功した転職エージェントがこちら。
アパレル特化型の転職エージェントとしては、知名度も一番高く、求人数ももっとも多いと言われている転職エージェントです。
キャリアアドバイザーはアパレル業界経験者が多く、業界ならでは悩みにも乗ってもらえる上、履歴書や写真の添削力も◎!
「アパレル業界で転職しよう」と考えたら、真っ先に登録すべき転職エージェントです。

業界最大手!リクルートエージェント

リクルートエージェント

 利用してみて、もっとも転職力が身についたと思った転職エージェントがこちら。

業界NO.1の総合転職エージェント、リクルートエージェントはアパレル業界に特化はしていないものの、履歴書や職務経歴書の添削はピカイチ。
セミナーなども充実しており、特に面接力はこのエージェントを利用したことでぐっと向上したことを実感できました。
他の人と差をつける転職力を身につけるためにも、登録をおすすめする転職エージェントです!

-職種別に探す

Copyright© Career Closet , 2019 AllRights Reserved.