Career Closet

ファッション業界の転職エージェント比較

職種別に探す

アパレルデザイナーの求人情報|平均年収や転職のポイント

投稿日:

アパレル業界の専門職の代表と言えばデザイナー

デザイナーと言っても、ブランドやセレクトショップでオリジナルアイテムを幅広くデザインしている人から、OEM企業でアイテムに特化したデザインを行っている人までさまざまだと思います。

また、ファションが好きでこれら頑張りたいと思っている未経験の方も多いのではないでしょうか。

この記事では、デザイナーの求人状況や転職のポイントをはじめ、仕事内容や平均年収などを紹介します。

ファッションデザイナーとは?

ファッションデザイナーとは、その名の通り衣料品や服飾雑貨などをデザインする仕事です。

もっともイメージされやすい、ブランドやセレクトショップに所属して、そのブランドのオリジナルアイテムをデザインするポジションから、OEM企業にてクライアントの依頼を基にデザインするポジションまでさまざまあります。

デザイナーの仕事内容

デザイナーの具体的な仕事は、デザイン画を作成し、縫製仕様書、指示書制作などの、商品開発の発案かkら、素材選定などの具現化していく業務も担当します。

その後はメーカーへのサンプル依頼や指示→修正などを繰り返し行い、自身のデザインを形にします。

もちろんコスト管理も大切な仕事のひとつで、メーカーや工場への交渉や、企業によっては納期管理といった生産管理に近い仕事も担当します。

生産管理の仕事内容

デザイナーの仕事内容

  • デザイン画作成
  • 縫製仕様書・指示書作成
  • 素材選定
  • サンプル依頼・修正
  • コスト・納期管理
  • パタンナーへの指示

必要な資格やスキル

デザイナーになるために必須な資格はありませんが、アパレルの知識や経験・スキルが必要です。

デザイナーと言うと、センスやデザインがすべてだと思われがちですが、実は企画力がもっとも重要だと言われています。
ブランドにはターゲット層が決まっていますし、OEM企業ではクライアントの希望があるため、ニーズに答える企画力が求められます。

また、トレンドを反映させるセンスも大切で、デザインに反映させられるように常にトレンドをチェックする情報収集能力も必要だと言えます。

服飾の専門知識は必須

生地や素材、縫製などの服飾に関する最低限の知識は必須です。

服飾関係の専門学校や大学で学ぶ人が多く、募集要項にもそれらの学歴が必須条件に挙げている企業も多いです。

その他活かせる資格としては、洋裁技術検定パターンメーキング技術検定ファッション色彩能力検定なども、持っているとアピール材料のひとつになるでしょう。

求人票から見る必須スキル

以下は、実際に出ている求人票から集めた多くの企業が必須条件と掲げているスキルです。

意外なことに、PCスキルを求めている企業が多いです。
IllustratorやPhotoshopはデザインする上で必要なソフトのため、多くのデザイナーが使えると思いますが、ExcelやWordなどのOfficeソフトも基本操作ができる人を望んでいる傾向に。

もしも利用に不安がある場合は、基本操作ができる程度に勉強しておくことをおすすめします。

企業が求める必須条件の代表例

  • 仕様書と企画経験は必須
  • PCスキル(Excel、Wordなど)
  • Illustrator、Photoshop

デザイナーの平均年収

305万円~406万円

アパレルデザイナーの平均年収は決して高くはありません。
多くのブランドが、オリジナルアイテムのデザインをOEM企業へ委託する傾向にあることと、独立する人が多いためだと思われます。

未経験でも働ける?

アパレルデザイナーは、基本的に未経験ではアシスタントからのスタートがほとんど。

基本的に、先ほど紹介した服飾系学校で基礎知識を学んでいることが大前提のようです。
また、アパレルの基礎を学ぶために、パタンナーからキャリアをスタートさせる人も見られます。

求人は決して多くはありませんが、可能性はゼロではないため、根気よく情報を収集することをおすすめします。

デザイナー求人の探し方と転職で気をつけたいポイント

デザイナーの求人数自体は、ほとんど横ばいで変動がないようです。

しかし求人内容を見てみると、ブランドデザイナーの求人は減少していて、OEM求人が増加しています。
これは先ほども書いた通り、多くのブランドが社内でデザインせずに外部委託へシフトしていることが原因だと思われます。

そのため、今まではOEM企業を経てブランドデザイナーを目指す人が多い傾向でしたが、ブランドデザイナーからOEM企業へ転職を考えている人が増えているようです。

ブランドらOEM企業への転職も考えてみる

ブランドデザイナーとして働いていると、なんとなくOEM企業へ転職することをためらう人も多いと思います。
しかし、調べてみるとOEM企業へ転職することで多くのメリットが得られる場合もあるようです。

思うようなブランドデザイナーの求人が見つからない場合は、ぜひOEM企業への転職も検討してみてください。

ブランドからOEM企業へ転職するメリット

  • 求人が多く、転職成功の確率が高い
  • 多くのジャンル・アイテムを手がけられる(=スキルの幅が広がる)
  • マーケットを見る目が養う
  • コスト管理にシビアになる

求人選びは自分の強みと専門性を考慮する

現在出ている求人を調べてみた結果、多くの企業は専門性の高い人材を求めているような印象を受けました。

特にブランドデザイナーの場合は、ほとんどが自社ブランドにテイストや価格帯の近い商品をデザインしていた人を求めています。競合他社出身大歓迎ってことですね。

以下はほんの一部ですが、実際に各求人票に載っていた必須条件です。

  • 自社と同価格帯商品のデザイン経験
  • 性別の経験(メンズ・レディース・キッズ)
  • 指定アイテムの経験(布帛・ニットなど)
  • 同業種でのデザイン経験(ドレス・カジュアルなど)
  • オールアイテムのデザイナー経験

また、以下の条件が含まれている求人も見受けられました。
デザイン以外も幅広く業務を行える人を求めているようです。

  • 語学力(外資ブランド)
  • 小物のセレクト経験
  • 商談・営業を行える方
  • フィッティングモデルも兼ねられる方
  • パタンナー経験者

これらの状況から、求人に応募する際には、今までの自分のキャリアを整理し希望ブランドだけではなく、今までの経験にマッチした求人を選ぶことが、転職成功への近道だと言えます。

キャリアの整理(棚卸)方法とは

雇用形態は正社員から業務委託までさまざま

アパレルデザイナーの求人では、他業種に比べ雇用形態がさまざまです。

正社員や契約社員が多いものの、業務委託の求人も多く見受けられました。
これはフリーランスとして働いているデザイナーの方が多いためで、転職エージェントでは、業務委託の求人も取り扱っています。

業務委託の中には週5日常駐といった、ほとんど正社員と変わらない求人もありますが、週4日でもOKなものなどもさまざまなので、業務委託求人を探されている方は、一度転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

ポートフォリオなどのプレゼン資料に気をつける

デザイナーの転職時には必ず、作品集などのプレゼン資料の提出が求められます。

プレゼン資料は、マップ、デザイン画、仕様書、サンプルなどを用意することが多いですが、ただ一冊にまとめられているだけではなく、仕事の流れに沿って読み手が理解しやすいようにまとめられていることも選考のひとつになっています。

プレゼン資料の例

  • マップ
  • デザイン画
  • 仕様書
  • サンプル

また実際にプレゼンをする際は、万全の体制でアピールができるように、資料に沿った台本を作成しておくのがおすすめです。

プレゼン資料は、わかりやすく情報を整理できる能力パソコンスキルプレゼン力が試されていると言えるでしょう。

求人は転職エージェントで探す

デザイナーの求人は、転職エージェントで探すことをおすすめします。

理由は専門職のため、そもそも転職サイト自体に求人数が少ないから。
アパレル業界の専門職は、総合転職サイト・エージェントには求人が少なく、業界に特化したエージェントを選ぶのが一番です。

アパレル転職エージェントでは、多くのブランド・OEM企業問わず多くの非公開求人を保有しているため、自力で求人を探すよりも、思わぬ求人に出会える可能性が高いです。

また、もしも希望のブランドがある場合は、そのブランドの求人が出ていないか相談してみることもおすすめします。
求人が出ていればすぐに紹介してもらえますし、今後求人が出た場合は一番に連絡をしてくれる可能性が高いです。

特にデザイナーは、販売職等と比べて選考時に用意する資料が多いため、アドバイスをもらえる人がいるのはとても心強いと思います。
特にクリーデンスは、川上系職種に強いキャリアアドバイザーが多く在籍しているため、応募書類の添削もお手のもの。
わからないことはどんどん聞けるので、転職活動も自信を持って取り組むことができますよ。

クリーデンス
https://www.crede.co.jp/

ファッショーネ

当サイトおすすめ!アパレル転職エージェント

私が実際にアパレル業界の転職時に利用して、「本当によかった!」と感じた転職エージェントはこちら!
この2社は必ず登録しておくことをおすすめします。

アパレル転職業界NO.1:クリーデンス

私が転職に成功した転職エージェントがこちら。
アパレル特化型の転職エージェントとしては、知名度も一番高く、求人数ももっとも多いと言われている転職エージェントです。
キャリアアドバイザーはアパレル業界経験者が多く、業界ならでは悩みにも乗ってもらえる上、履歴書や写真の添削力も◎!
「アパレル業界で転職しよう」と考えたら、真っ先に登録すべき転職エージェントです。

業界最大手!リクルートエージェント

リクルートエージェント

 利用してみて、もっとも転職力が身についたと思った転職エージェントがこちら。

業界NO.1の総合転職エージェント、リクルートエージェントはアパレル業界に特化はしていないものの、履歴書や職務経歴書の添削はピカイチ。
セミナーなども充実しており、特に面接力はこのエージェントを利用したことでぐっと向上したことを実感できました。
他の人と差をつける転職力を身につけるためにも、登録をおすすめする転職エージェントです!

-職種別に探す

Copyright© Career Closet , 2019 AllRights Reserved.