Career Closet

ファッション業界の転職エージェント比較

職種別に探す

VMDの求人と転職方法。内定を勝ち取るアピールポイントとは

投稿日:

アパレルの仕事をしている人なら、誰しもが知っているVMDのお仕事。

最近ではブランドでVMDを統一する流れや、服飾と生活雑貨を組み合わせたセレクトショップの台頭などにより、店舗ディスプレイの重要度は増しているように感じます。

ディスプレイを変えただけで、商品が売れたり・来店客数が伸びたりと、大きな成果が見込めるため、VMDは店舗運営において欠かせないポジション。
そのためか、販売職からVMDへキャリアチェンジしたいと考える人はとても多いです。

この記事では、仕事内容や必要なスキル・資格、転職活動の進め方など、VMDの転職にまつわる情報を紹介します。

VMDとは

VMDとはビジュアル・マーチャンダイジングの略で、ブランドイメージを意識した店舗ディスプレイを考え、見やすく・買いやすい売場を作る仕事です。

具体的には、ブランド戦略に基づきVMDを作成→店舗へ落とし込むことが仕事で、ブランドイメージを表現しながら、いかに売上に貢献できるかがミッション。
視覚の面から販売促進を行います。
ディスプレイ次第では売上が大幅に落ちることもあるため、店舗売上に直結する重要なポジションだと言えます。

具体的には、VP・IP・PPを基にVMDを設計し、店舗へ落とし込みを行います。

VP・IP・PPとは

  • VP(ビジュアル・プレゼンテーション)
    ショーウィンドウのディスプレイなど。来店客数に直結する。
  • PP(ポイント・プレゼンテーション)
    マネキンや棚上・エンドなどのディスプレイ。売れ筋商品の見せ方がポイントになる。
  • IP(アイテム・プレゼンテーション)
    棚中やハンガーラックなどのディスプレイ。選びやすく手に取りやすい状況下が問われる。

VMDの仕事内容

VMDの仕事内容は、ディスプレイを見やすく・買いやすい売場に整えることですが、その業務内容は多岐に渡ります。

VMDの仕事内容

  • ブランド戦略に基づいたVMDの作成
  • 店舗内装の計画(ゾーニング、什器やマネキンの発注など)
  • MD、DBと連携した適正在庫数の見直しや指導
  • ディスプレイの変更やメンテナンス
  • POPの作成や指示
  • マネキンのコーディネート指導
  • スタッフ育成

店舗ディスプレイに関わる全ての業務を担当

ブランドにもよりますが、VMDの仕事は、ブランド全体のVMDの作成はもちろん、什器やマネキン・販促物の発注などの細かな作業などの店舗ディスプレイに関わること全般を担当します。

また、実際に手を動かす現場スタッフへの勉強会や指導を行っているブランドも多いです。

VMDの年収

440.59万円 〜 624.52万円

VMDは専門職に分類されるため、年収水準は高めです。

その分店舗ラウンドなどの外出や出張が多く、新店オープン時にはかかりきりになるなど、基本的に忙しい職種のためブランドによっては残業などが多い可能性もあります。

VMDに必要なスキル・資格

VMDに必要な資格はありませんが、ブランドイメージを表現するポジションになるため、ブランド理解商品知識は備えていて当たり前の世界です。
また、流行・トレンドも柔軟に落とし込む必要があるため、常にトレンドをチェックしたり、什器や照明などの知識も必要。
柔軟な発想力とそれを表現するセンスや専門性が必要だと言えます。

その中でももっとも大切なのが分析力
ただ「おしゃれ」なだけでは商品は売れないため、実際に行った施策がどのような効果があったのか、次回にどう活かすのかを分析できる能力は必須です。

VMDに必要なスキル

  • ブランド理解や商品知識
  • トレンドや流行の知識
  • ブランドイメージを表現するセンス
  • ディスプレイ・マーケティングの専門性
  • 売上分析力

店舗VMDと本社VMD

通常VMDは1ブランド1人で担当することがほとんどですが、全ての店舗へラウンドするのはとても大変。
そのため、多くのアパレルブランドは店舗VMD本社VMDが存在します。

本社VMDは、言わずもがなブランド全体のVMD方針や取りまとめを行うポジション。
店舗VMDは、自店のVMDを行うポジションで、販売員の中でディスプレイが得意な人が選ばれることが多いです。

本社VMDへは、店舗VMDから引き上げるブランドも多く、販売員からVMDになりたい場合は、まず店舗VMDを目指すのがキャリアアップの近道ではないでしょうか。

未経験でも働ける?

未経験でVMDになりたいと思う人は多いですが、転職でVMDへキャリアチェンジするのはとても難しいです

そもそも未経験の求人自体がほぼなく、高いブランド理解や商品知識が必要なポジションのためか、社内で育成したのちに専任ポジションへと昇格させるブランドも多いです。

現在販売員として働いている場合は、自社でVMDとしてキャリアアップしていくことを考えるのをおすすめします。
先程も書きましたが、まずは店舗VMDを目指しましょう。

社内にそのような制度自体がない場合は、制度の整っているブランドへ販売職として転職することを検討してみてください。
時間はかかりますが、VMDは専門性の高い職種のため、専任として働くためにはブランド理解や商品知識をつけることも大切です。

VMDの転職方法と求人の探し方

VMDは、1ブランド1人で担当することがほとんどのため、求人自体はあまり多くなく、時期的な増減もあまり見られないようです。
基本的には欠員補充でしか求人は出ないと思って良いでしょう。

そのため経験者であっても転職は難しいですが、可能性はゼロではないため、じっくりと良い求人が出るまで活動することをおすすめします。

VMDの転職を成功させるポイント

VMDは店舗売上に直結するポジションでもあるため、ブランドイメージと合っているかだけでなく、具体的な成果や分析力が重視されます。

先ほども書きましたが、ただ「おしゃれ」なだけでは商品は売れないため、数字を交えた具体的な実績をアピールしましょう。

また、販促物を作るためのスキル(photoshopやillustrator)や、マネジメント力などもアピールできると有利だと言えます。

ポートフォリオは必須

VMDの転職では、ポートフォリオの提出を求められることが多いです。

転職までに現職の実績を取りまとめて、提出できるようにしておきましょう。
ディスプレイのビフォーアフターや、施策後の実績(客数や売上、単顧客個数など)がわかりやすくまとめられていることが理想です。

求人の探し方

VMDは専門職になるため、そうそう一般の転職サイトには出てきません。
優良企業へ転職を考えるなら、必ず転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントの中でも、リクルートやマイナビなどの総合転職エージェントにもなかなか求人は集まらないため、アパレルに特化した転職エージェント一本で探すことをおすすめします。

アパレル特化型転職エージェントはたくさんありますが、経験者であればクリーデンスへの登録は必須。
専門職の求人は、業界でも最多と言われているためです。

クリーデンス
https://www.crede.co.jp/

クリーデンスで思うような求人がない場合は、ファッショーネiDAなどにも登録し、多くの求人を紹介してもらえる環境を作っておくことがポイントです。

また、気になる求人が出た時点ですぐに応募できるように、準備しておくことも大切。
求人は流動的なため、紹介を受けた時点ですぐに応募することが内定を勝ち取るコツだと言えます。

当サイトおすすめ!アパレル転職エージェント

私が実際にアパレル業界の転職時に利用して、「本当によかった!」と感じた転職エージェントはこちら!
この2社は必ず登録しておくことをおすすめします。

アパレル転職業界NO.1:クリーデンス

私が転職に成功した転職エージェントがこちら。
アパレル特化型の転職エージェントとしては、知名度も一番高く、求人数ももっとも多いと言われている転職エージェントです。
キャリアアドバイザーはアパレル業界経験者が多く、業界ならでは悩みにも乗ってもらえる上、履歴書や写真の添削力も◎!
「アパレル業界で転職しよう」と考えたら、真っ先に登録すべき転職エージェントです。

業界最大手!リクルートエージェント

リクルートエージェント

 利用してみて、もっとも転職力が身についたと思った転職エージェントがこちら。

業界NO.1の総合転職エージェント、リクルートエージェントはアパレル業界に特化はしていないものの、履歴書や職務経歴書の添削はピカイチ。
セミナーなども充実しており、特に面接力はこのエージェントを利用したことでぐっと向上したことを実感できました。
他の人と差をつける転職力を身につけるためにも、登録をおすすめする転職エージェントです!

-職種別に探す

Copyright© Career Closet , 2019 AllRights Reserved.