Career Closet

ファッション業界の転職エージェント比較

職種別に探す

MD/バイヤーの求人と転職方法。必要スキルや転職のコツとは

投稿日:

closet

アパレル業界でも多くの人が憧れるMDやバイヤーのお仕事。

かくいう私も、販売員時代はMDになりたくて、転職をしたことがありました。

アパレル職種の中でも年収は比較的高く、商品選定を担う重要なポジションであるMDやバイヤーの仕事。
ブランドの業績に直結する重要な職種のため、求められるレベルも高いです。
どうすれば、内定を勝ち取ることができるのでしょうか。

この記事では、アパレル業界のMD/バイヤーの仕事内容や平均年収をはじめ、求人の探し方や転職方法などを紹介します。

MD/バイヤーとは?

バイヤーとは、その名の通り商品の買い付けを専門で行うポジションです。
対して、MD(マーチャンダイザー)は、商品の買い付けはもちろん、商品開発から販売計画、予算管理などを総合的に管理します。

どちらも商品にまつわる職種ではありますが、MDはより幅広い知識やスキルが必要で、専門性の高いポジションです。

そのためMDがバイヤーを兼任することも多く、大手ブランドであってもMDがバイイングを行っている企業も多く見受けられます。

MD/バイヤーの仕事内容

MDは商品選定から販売計画まで、総合的に管理するポジション。
そのため与えられる予算も大きく、商品のセレクトのセンスはもちろん、売上分析などの数字を読み解く力も要求されます。

MDの仕事内容

  • 商品の仕入れ
  • 商品の企画・開発
  • 入庫管理
  • 販売計画作成
  • 予算管理・売上分析
  • 販促企画

ブランドや市場を冷静に分析する力が必要

MDやバイヤーは一見センス勝負だと思われがちですが、実際は売上分析などの数字を読み解く力があり、戦略的に販売計画を作る経験とスキルが重要。

そのため、自ブランドや市場を冷静に分析する力が必要だと言えます。

特にMDは、商品の投入から販売に至るまでを総合的に管理するため予算が大きく、ブランド成功の可否がかかった需要なポジション
そのため、採用時に求められるレベルはとても高いです。

MD/バイヤーの平均年収

440.59万円 〜 624.52万円

MD/バイヤーの平均年収はその業務の重要度から、アパレル業界の中では高い水準にあります。

未経験でも働ける?

専門職のため、未経験での転職は狭き門。
転職活動は難航すると言って良いでしょう。

しかし、VMDやプレスに比べアシスタントの募集も比較的多く見られるため、年収や雇用形態にこだわらずにじっくり求人を探せば、まだまだチャンスはあると言えます。

現在販売職をしている人は、店舗バイヤーとしてバイイング経験を積むこともおすすめです。

また、実績を重要視する職種のため、経験者であっても実績が不安な場合は、転職を見送って今の環境でじっくり実績を作った方が、転職には有利だと言えます。

MD/バイヤーの求人の探し方と転職方法

MD/バイヤーの求人は、季節変動などの影響もなく比較的安定しています。

しかし求人数自体は少ないため、検討段階から転職エージェントなどに登録して、じっくり情報を収集することをおすすめします。

転職のコツ

MD/バイヤーの転職時は、実績を重視する傾向が強いです。
そのため職務経歴書には、具体的な数字を盛り込んだ実績を必ず記載するようにしましょう。

また、予算や売上などの管理を行うため、損益計算書(PL)が読めることは必須
もしも読めない場合は、現職でスキルアップを目指すことをおすすめします。
企画系のスキルについてもあると望ましく、経験がある場合はさらなるアピール材料になるでしょう。

求人の探し方

MD/バイヤーはブランド戦略にも深く関わるポジションのため、非公開求人のことが多く、転職サイトよりも転職エージェントを利用することをおすすめします。

リクルートやマイナビなどの総合転職エージェントにも求人はありますが、アパレルに特化した転職エージェントに絞って利用した方が、より希望に近い求人を紹介してもらえるでしょう。
職務経歴書も、アパレル業界に精通したプロに添削してもらえる利点もあります。

MD/バイヤー転職のおすすめエージェント

転職エージェントは、より多くの求人と出会うために、2,3社登録しておくことをおすすめしますが、その中でもクリーデンスは必ず登録しましょう。

業界最大手の転職エージェントで、求人数も多く・MD/バイヤーなどの専門職の求人も多数扱っているためです。

クリーデンス
https://www.crede.co.jp/

東京以外の求人はある?

MD/バイヤーは基本的に本社勤務の職種になるため、東京に比べ、大阪や福岡、名古屋などでは求人数自体は少ないと言えるでしょう。

少ないとはいえ、本社がそれらの地域のブランドならば、可能性はゼロではありません。
まずは一度、転職エージェントに登録して相談してみることをおすすめします。

MD/バイヤーの転職を成功させるには

商品の買い付けから販促活動までを総合的に管理するMDの仕事。

企業が求めるスキルも高いため、職務経歴書などの応募書類はしっかりと準備をして、自分をプレゼンできる体制を整えておきましょう。

求人自体は季節変動なく安定しているものの、数は多くはないため早めに転職エージェントに登録して、じっくり納得のいく求人を探すことが、転職成功へのポイントだと言えます。

当サイトおすすめ!アパレル転職エージェント

私が実際にアパレル業界の転職時に利用して、「本当によかった!」と感じた転職エージェントはこちら!
この2社は必ず登録しておくことをおすすめします。

アパレル転職業界NO.1:クリーデンス

私が転職に成功した転職エージェントがこちら。
アパレル特化型の転職エージェントとしては、知名度も一番高く、求人数ももっとも多いと言われている転職エージェントです。
キャリアアドバイザーはアパレル業界経験者が多く、業界ならでは悩みにも乗ってもらえる上、履歴書や写真の添削力も◎!
「アパレル業界で転職しよう」と考えたら、真っ先に登録すべき転職エージェントです。

業界最大手!リクルートエージェント

リクルートエージェント

 利用してみて、もっとも転職力が身についたと思った転職エージェントがこちら。

業界NO.1の総合転職エージェント、リクルートエージェントはアパレル業界に特化はしていないものの、履歴書や職務経歴書の添削はピカイチ。
セミナーなども充実しており、特に面接力はこのエージェントを利用したことでぐっと向上したことを実感できました。
他の人と差をつける転職力を身につけるためにも、登録をおすすめする転職エージェントです!

-職種別に探す

Copyright© Career Closet , 2019 AllRights Reserved.