Career Closet

ファッション業界の転職エージェント比較

面接対策

アパレルの転職面接。服装で気を付けるべき3つのポイントとは

更新日:

アパレル企業への転職で、無事に書類選考を通過すると面接に進みます。
この時注意したいのが服装。

おそらく、あなたの手元に届いたメールには

私服でお越しください。

と書かれていると思います。

この時、一般企業のマナーにならってスーツで行くか。指示通りに私服で行くか。
あなたならどちらを選びますか?

この記事ではアパレル企業への転職で頭を抱える面接時の服装について紹介します。

 

アパレルの転職面接は私服が基本

アパレル業界の転職面接は、私服で来るように指示されることが多いです。

他業種であれば、スーツを着れば問題ありませんでしたが、私服となると「どんな服装で行こう?」と悩む人が多いと思います。私も、転職時は面接の服装に相当悩みました。

この時、私服と指示されたのに一般企業のマナーにならってスーツで行くのはNGです。

なぜなら、面接官はあなたの服装も採用の判断基準のひとつと捉えているからです。

面接官は「自社のブランドに合っているか」を見ている

アパレル企業の採用担当者は面接時にあなたの服装を見て「自社のブランドに合っているか」や、「自社ブランドの服を着こなせるか」をチェックしています。

そのため、面接時に無個性なスーツを着て行ってしまうと、あなたのイメージが伝わりません。
実際に新卒の面接で私服の指示があったにも関わらず、リクルートスーツを着てきた学生が不採用になったと聞いたことがあります。

それくらい、アパレルの転職面接は服装が重要です。

応募するブランドの服は絶対着るべき?

ブランドにもよりますが、無理して応募先企業の服を着る必要はありません。

もちろん、持っているならば着るに越したことはありませんが、あまりにもカジュアルになり過ぎてしまう場合は、むしろ避けた方が良いです。あくまでも転職面接ですから、おしゃれの中にも社会人としての常識が備わっていなければなりません。

無理して応募先ブランドの服を取り入れるよりも、ブランドの雰囲気に合ったコーディネートができていると好感が持てるでしょう。

たとえば、ガーリーなブランドならふんわりとしたシフォンのブラウスを着てみたり、ハイブランドならばモードなパンツスタイルなど。
そのブランドの雰囲気に合わせたコーディネートをすることで、採用担当者も「入社後のあなた」を想像しやすいです。

応募先の店舗へ実際に行ってみて、お店の雰囲気や商品内容、現役スタッフの服装などから面接時のコーディネートを考えてみましょう。

好印象を持たれるコーディネートを作る3つのポイント

服装も判断基準の一部と言えるアパレル業界の面接。
実際に面接をされたことも・したこともある管理人が、好印象だと考える服装ルールは以下の3点です。

  1. フォーマルになり過ぎないきれいめファッション
  2. アクセサリーを適度に身に着けている
  3. シルエットは細め

簡潔にいうと、ブランドらしさを感じるきれいめファッションです。
他業種の面接では、アクセサリーはNGではありますが、アパレル業界の面接については、コーディネートの一部として身に着けるのは問題ありません。

またシルエットは、ブランドによってはルーズな方がブランドらしい場合もあると思いますが、採用担当者によっては悪い印象を持たれる場合もあるので、細めにしておいた方が無難です。
このあたりは、ブランドによってかなり対策が異なるので、すでに働いている人がいればその人に聞いてみたり、転職エージェントを利用して、相談してみるのがおすすめです。

コーディネートに含まない方が良いアイテム

いくら私服OKだからと言っても転職面接。
社会人としてのTPOに合ったコーディネートで臨まなければなりません。

これから紹介するNGアイテムは使わないようにしましょう。

極端に肌を露出するアイテム

shortpants

例:ショートパンツ、ミニスカート、タンクトップ

いくら主力商品がショートパンツやタンクトップなどのカジュアルアイテムのブランドであっても、面接時はこれらのアイテムは避けるべきです。
また、極端にダメージ加工が施されたようなパンツも、フルレングスであっても選ばない方が良いでしょう。

スニーカー・ブーツ

Sneakers

いくらブランドイメージに合っていたとしても、スニーカーやブーツは避けた方が良いです。

スニーカーは、カジュアルさが強く、ブランドイメージに合っていたとしても、TPOの観点から悪い印象を持つ面接官がいるため。
ブーツはすべてのブーツがNGとは思いませんが、ムートンブーツなどのカジュアルさの強いブーツは避けた方が無難だと言えます。実際に、以前某ブランドのピンクのブーツを履いて来た人がいましたが、不採用にさせたいただいた過去があります・・・。

特に正社員の面接の場合は、足元にも細心の注意を払ってコーディネートしましょう。
もちろん、シューズブランドを受ける場合、話は別です。

帽子

どんなにおしゃれなコーディネートであっても、帽子は面接時は外しましょう。
一般常識を疑われます。

他ブランドの服

「さっき応募企業のブランドは着なくて良いと言ってたのに!」と思われるかも知れませんが・・・
この他ブランドの服というのは、他ブランドだと明らかにわかる服のことです。

たとえば、ロゴが大きく入った服や、あきらかにそのブランドの服だとわかるデザイン・シルエットの服は面接では避けるべきです。
「本当にうちで働きたいと思ってくれてるの?」と疑問を持たれます。

特に競合店の場合は、小さなロゴでもそのブランドだとわかるものは避けましょう。
面接官は業界のプロですから、あなたが「バレないだろう」と思っても、すぐに気づく恐れがあります。

アパレル面接の服装はブランドイメージと清潔感が重要

服装にも気を付けておきたい、アパレルの転職面接。

あれはダメ、これもダメと悪い例ばかり挙げてしまいましたが、基本的に社会人としてのTPOに合ったコーディネートであれば、どんな服装でもOKです。

それ以上に、応募先のブランドの雰囲気と合っているか。が重要です。
特に販売員の場合は、ブランドを体現するポジションなので、ブランドの雰囲気に合った服装で臨むことで、面接官はあなたが店頭に立っている姿をイメージしやすくなるでしょう。

MDやバイヤーなどの企画職や本部職の場合も、ブランドをより中心になって作り上げるポジションのため、多くの企業はブランドの雰囲気に合った人を採用したいと思っています。

また、清潔感も重要なポイント。

いくらブランドを体現したようなコーディネートで臨んでも、不潔な印象を持たれたら元も子もありません。
たとえばパンツがしわだらけだったり、毛玉がついていたりなど、身だしなみにも細心の注意を払っておきましょう。

 

数十分の時間しかない面接で、あなたがブランドにふさわしい人材であると最大限アピールできるよう、頭の先から足元まで手を抜かずに、コーディネートを考えてみてください。

当サイトおすすめ!アパレル転職エージェント

私が実際にアパレル業界の転職時に利用して、「本当によかった!」と感じた転職エージェントはこちら!
この2社は必ず登録しておくことをおすすめします。

アパレル転職業界NO.1:クリーデンス

私が転職に成功した転職エージェントがこちら。
アパレル特化型の転職エージェントとしては、知名度も一番高く、求人数ももっとも多いと言われている転職エージェントです。
キャリアアドバイザーはアパレル業界経験者が多く、業界ならでは悩みにも乗ってもらえる上、履歴書や写真の添削力も◎!
「アパレル業界で転職しよう」と考えたら、真っ先に登録すべき転職エージェントです。

業界最大手!リクルートエージェント

リクルートエージェント

 利用してみて、もっとも転職力が身についたと思った転職エージェントがこちら。

業界NO.1の総合転職エージェント、リクルートエージェントはアパレル業界に特化はしていないものの、履歴書や職務経歴書の添削はピカイチ。
セミナーなども充実しており、特に面接力はこのエージェントを利用したことでぐっと向上したことを実感できました。
他の人と差をつける転職力を身につけるためにも、登録をおすすめする転職エージェントです!

-面接対策

Copyright© Career Closet , 2019 AllRights Reserved.